このページのいちばん上です

Equipment

血液検査設備

写真: 自動血球計算装置(PDx)

IDEXX プロサイトDx™ 自動血球計算装置(PDx)

先進的な「レーザーの目」で血液をきちんと分析できる、最新の技術を搭載した動物専用の自動血球計算装置です。

写真: 血液化学検査器 (CDx)

IDEXX カタリストDx™ 血液化学検査器 (CDx)

血液からたくさんのことを正確かつスピーディに分析できる、動物専用の血液化学検査機器です。

写真: CRP測定器

CRP測定器

CRP(C反応性タンパク)は体内で炎症反応や組織の破壊が起きている時に現れるタンパク質で、高値の場合、感染症、悪性腫瘍、自己免疫疾患、組織壊死、炎症性疾患などが疑われます。

写真: 血液凝固分析装置

血液凝固分析装置

手術や外傷などによる出血を止めるためには、血液凝固因子が必要で、この因子が十分に機能しているかを測定します。

写真: 内分泌検査器(SSDx)

IDEXX スナップショットDx™ 内分泌検査器(SSDx)

内分泌疾患の初期スクリーニング検査やモニタリング検査を院内で迅速に実施できる、動物専用の内分泌検査機器です。

写真: 内分泌検査装置

内分泌検査装置(大津)

甲状腺機能異常(甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症)、副腎機能異常(クッシング症候群、アジソン病)を院内で検出できます。

写真: ベットラボ ステーション

IDEXX ベットラボ ステーション®

正確性とスピードが求められる獣医師のデータマネジメントを効率的にサポートする院内検査情報管理システム。
飼い主様とのより効率的なコミュニケーションに貢献します。

身体検査設備

写真: BP100D(血圧計)

BP100D(血圧計)

オシロメトリック方式の自動血圧計です。動物用のアルゴリズムを用い自動測定します。

写真: D700(心電計)

D700(心電計)

心臓の筋肉が全身に血液をおくるため拍動する際、微弱な電流が発生します。この電流を波形にして表したものが心電図です。
波形の解説や、ガイド機能など図解もあり、より分かりやすくなりました。

写真: SoundScopePro(聴診録音、再生システム)

SoundScopePro(聴診録音、再生システム)

心臓の音(聴診音)を聴診器を用いて録音、再生する装置です。備え付けのスピーカーから音を発し、Drと一緒に聞くことができます。

写真: 耳鏡

耳鏡

外耳炎や耳道内ポリープなどがないかを観察できます。

写真: 顕微鏡 BX43

顕微鏡 BX43

最適な高演色白色 LEDであらゆる検査に対応しているため、より正確に血球の異常・腫瘍の診断・皮膚寄生虫や尿検査・便検査の診断を行えます。専用の共有モニターで各診察室で説明が可能になりました。

写真: 顕微鏡

顕微鏡

皮膚検査、尿検査、便検査、血液検査、細胞診検査で使用します。
倍率を上げて観察することにより様々な診断が可能となります。

画像診断検査設備

写真: CT

X線CT

X線CTとは、ドーナツ型のX線を用いたコンピュータ断層撮影(Computed Tomography)のことで、 動物や人体の臓器や組織を透過してきたX線の量を検出器で量り、コンピュータで処理することによって輪切りの画像を作成するものです。 また、輪切りの断面像のほかに色々な方向の断面像が得られるだけでなく、3次元の立体画像を作ることもできます。

写真: 超音波装置 東芝Aplio™ 300

超音波装置 東芝Aplio™ 300

臓器の内部の仕組みや大きさの異常を調べる事ができます。従来の機種に比べてより精密に検査することがでるので病気の早期発見に役立ちます。

写真: 日立アロカメディカルProSound α7

日立アロカメディカルProSound α7

超音波を当て、その反響を映像化する画像診断装置。主に心臓や腹部臓器の描写や診断に用いられます。

写真: 富士フィルム FAZONE CBv

富士フィルム
FAZONE CBv

幅広い臨床シーンに卓越の高品質画像でHigh-end機なみの高画質で多彩な高機能を搭載。
高品質でフレキシブルな機動力と、自在な検査スタイルを提供し、幅広い用途に対応

写真: レントゲン装置(CRデジタルレントゲン処理)

レントゲン装置(CRデジタルレントゲン処理)

内蔵の異常、骨や関節の異常を確認できます。デジタル処理により良い画像が得られます。また痛み刺激もなく迅速に診断できます。

写真: FUJI画像装置

FUJI画像装置

レントゲンや超音波で得られた画像をデジタル処理し、診断の制度を高めます。

写真: 内視鏡

内視鏡

胃や腸の内部を直接みることができるので、レントゲンや超音波検査で確認できないものも調べることが可能です。また、誤食してしまったペットに対して異物除去できます。

写真: 硬性鏡(気管支鏡)

硬性鏡(気管支鏡)

気管や気管支に挿入する医療機器であり、内視鏡の一つ。気道内の病変などの検査に用いる。また、耳道や鼻腔内も確認できます。

デキシコADX4000V

コンパクトレントゲン

フィルム映像に比べて、患者の負担が大幅に軽減されました。患部の状態がデジタル映像でリアルタイムに表示・保存できタイムリーにインフォームド・コンセントが行えます。

眼科検査設備

写真: 検眼専用顕微鏡(スリットランプ)

検眼専用顕微鏡(スリットランプ)

眼の中をみるための顕微鏡で、眼瞼、角膜、虹彩、ブドウ膜、水晶体などの診断に使用します。

写真: 眼底カメラ

眼底カメラ

眼の血管や神経、網膜の異常を検出します。ダックスフンドの進行性網膜萎縮症(PRA)などの診断に用います。

写真: 眼圧測定機(トノペン)

眼圧測定機(トノペン)

眼圧を測定する機器で、主に緑内障の診断に用います。緑内障は治療が遅れると失明することもある緊急疾患です。この機器により迅速に診断が可能です。

手術設備

写真: 硬性鏡システム

硬性鏡システム

硬性鏡システムは、腹腔および腹腔内臓器を調べる内視鏡の一つです。腹部にあけた穴より挿入し、腹腔内の臓器の観察、細胞や組織の採取、手術などを行います。動物領域でも行われ、傷が小さく痛みが少ないため術後の回復が早く、動物の身体への負担が少ないことが特長です。

写真: オトスコープ

オトスコープ

デオオトスコープとは、耳道に硬性鏡をいれて拡大した画像で耳の中を観察し耳アカや腫瘤を取り除く事ができ、耳の洗浄を行い清浄化させます。診察室で耳を診る時と比べ、今まで見えにくかった耳の状態を鮮明になり観察し、治療ができます。

写真: 電動油圧手術台 MUT-500型

電動油圧手術台 MUT-500型

高さ向きの微調節が電動ででき、多方向から自在にアプローチが可能に以前より手術がスムーズに進みます。 内視鏡も最適に行い、幅広い手術に対応しています。
今まで術中に移動していたX線撮影が手術ポジショニングの状態でX線撮影が可能になり、動物たちの負担軽減に力を注いでいます。

写真: 心電図

心電図

心臓の筋肉が全身に血液をおくるため拍動する際、微弱な電流が発生します。この電流を波形にして表したものが心電図です。波形の乱れから、心臓全体の動きや、心臓病の有無、病状の把握などをよみとります。

写真: 麻酔モニター

麻酔モニター

心拍数、血圧(最高、最低、平均)、SPO2(血中酸素飽和度)、体温、呼吸数、CO2(呼気中二酸化炭素濃度)を測定することで、安全に麻酔を維持、管理できます。

写真: 気化器

気化器

イソフルラン(ガス麻酔)と酸素を調整し、吸入麻酔を行います。

写真: 整形外科器具(LPCシステム、電動式骨手術機器、一般整形器具)

整形外科器具(LPCシステム、電動式骨手術機器、一般整形器具)

椎間板ヘルニアや、前十字靭帯断裂、膝蓋骨脱臼などの関節疾患や、骨折などの手術に関する器具が充実しています。プレートとスクリューをロッキングさせ、固定する新しいコンセプトのLCP(Locking CompressionPlate)も導入しました。

写真: 電気メス血管シーリングシステム(LigaSure)

電気メス血管シーリングシステム(LigaSure)

電気凝固装置(LigaSure)により安全で確実な血管閉鎖を実現。体内に糸を残さない手術が可能となりました。また、手術時間も短縮できペットへの負担も軽減できます。

写真: 半導体レーザ装置

半導体レーザ装置

麻酔なしでもイボや腫瘤の縮小切除が可能です。また手術中の止血に用います。

写真: コクーン ウォーミングシステム

コクーン ウォーミングシステム

多彩なブランケットで周術期の体温管理をサポートします。患者さんの体温を適温に回復・維持することが可能です。

写真: 温風式加温装置(ベアーハガー)

温風式加温装置(ベアーハガー)

周術期の患者の低体温状態を防止回復させるため、患者へ熱を配給し患者の体温を加温する。

写真: 超音波手術器(SONOCURE)

超音波手術器(SONOCURE)

『軟部組織の乳化吸引』と『整形領域の骨切削』が可能。神経血管硬膜などの弾力性に含んだ組織を選択的に温存できます。適応症例が多く最小の切開で動物の身体的ダメージを大きく軽減します。

歯科設備

写真: 総合歯科ユニット(ORALVET)

総合歯科ユニット
(ORALVET)

スケーリング、歯の裁断、研磨剤での磨きなどの一連の歯科処置を行うことができます。

写真: ED光重合照射器

ED光重合照射器

破折してしまった歯を硬化レジンという特殊な樹脂によって元の歯に近い状態に修復できます。

ICU設備

写真: ICU1

ICU1

温度、湿度、酸素濃度の調節が可能な集中治療室です。重傷例の入院管理や手術前、手術後の管理を行います。

写真: ICU2

ICU2

温度、湿度、酸素濃度の調節が可能な集中治療室です。重傷例の入院管理や手術前、手術後の管理を行います。

処置設備

写真: ボックスドライヤー

ボックスドライヤー

小中大型犬に対応 ペットのストレスや体への負担も減らします。

写真: ジェットエアードライヤー

ジェットエアードライヤー

温度と温風が調節でき、イオンが出る事が特長です。

写真: ネブライザー(自動噴霧吸入器)

ネブライザー(自動噴霧吸入器)

鼻炎、気管支炎、肺炎患者に薬を霧状にして吸引させる機械です。

写真: 針治療

針治療

筋骨格系の疾患(椎間板疾患、リウマチ様関節炎、筋炎、関節疾患など)、神経系疾患(神経麻痺、末梢神経障害など)などの症状の緩和などに効果的です。

写真: レーザ治療器

レーザ治療器

2つのレーザ光が同時に出力でき、疼痛緩和、創傷治癒促進、消炎効果に優れる。

写真: マイクロバブル

マイクロバブル

マイクロバブルは微細な気泡の事。皮膚表面の汚れだけでなく、毛根の奥の汚れまできれいになります。皮膚の弱い子や赤みや痒みのある子、脂漏症の子にお勧めします。

消毒滅菌機器設備

写真: 高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)

温高圧の飽和水蒸気による滅菌器で主に手術器具の滅菌に用います。通常の消毒では効かない芽胞菌等も有効で、ほぼ全生物を死滅させることができます。

写真: エチレンオキサイドガス滅菌器

エチレンオキサイドガス滅菌器

主に手術器具の滅菌に用います。エチレンオキサイドガス(EOG) を直接流通させる滅菌器です。低い温度での殺菌が可能ですので、プラスチック類の変質や変形がありません。

写真: 卓上消毒器

紫外線消毒器

衛生管理的に消毒と消臭を徹底する必要があります。紫外線により強力殺菌し、菌に対して耐性を与えることなく殺菌します。

Web reception
WEBからの受付が可能です。
待ち時間の短縮にご利用下さい。

QRコード

WEB予約受付

Specialty outpatient
川畑動物病院では、各分野の専門的な診断・治療をする外来です。
診断・治療が難しい症状や、専門的な治療が必要な病気、専門の医師が診察にあたります。

Emergency Guide

046-834-2757

時間外診療も対応しています。
夜間は、上記までお電話下さい。

時間外診療:
12:00~14:00/18:30~23:00

Iwato General Hospital

Branch hospital

Home visit and pick-up service

大型犬を飼っている方、ご高齢の方、お車がなく来院できない方、重病の患者様のために往診・送迎をご利用下さい。

ペットホテル料金案内Boarding kennel