このページのいちばん上です

Service

循環器科 Cardiovascular

中村和弘(ナカムラカズヒロ)
経歴
東京動物心臓病センター 医長
所属
関東7病院で循環器診察を担当
学会発表
  • 平成20年 7月 第88回日本獣医循環器学会
    アルドステロン受容体阻害を介したMMP発現・活性と心筋線維化の関係
  • 平成23年 6月 第94回日本獣医循環器学会
    強心薬、血管拡張薬、利尿薬の休薬によりSAMの改善が認められた猫の1例
  • 平成23年12月 第95回日本獣医循環器学会
    治療により改善が認められた重度肺高血圧症の犬の1例
  • 平成24年 6月 第96回日本獣医循環器学会
    高用量ループ利尿薬と低用量サイアザイド系利尿薬を併用した重度僧 帽弁閉鎖不全症の犬の1例
  • 平成24年 12月 第97回日本獣医循環器学会
    猫の高度房室ブロックにシロスタゾールを使用した3例
  • 平成25年 6月 第98回日本獣医循環器学会
    前負荷軽減によって心房細動が改善したと考えられた肺動脈弁狭窄症の猫の1例
  • 平成26年 12月 第101回日本獣医循環器学会
    徐脈性心房細動の犬の 2 例

コメント紹介

心疾患は犬、猫ともに非常に多い病気です。特に老齢の小型犬では僧帽弁閉鎖不全症という心臓の弁の疾患が、猫では心筋症という心臓の筋肉の疾患が多く認められます。心疾患は悪化すれば命の危険がある病気です。そのため病態が進行する前に早期発見をすることが重要になります。犬の心疾患(弁膜症)は、心雑音、咳などで発見される事が多く、その後運動不耐性などの症状が発症します。もちろん心雑音があったら必ずしも治療が必要なわけではありませんし、症状がなくとも治療が必要な場合もあります。心臓の検査を行いしっかりと病態を把握することが大切です。猫の心疾患(心筋症)は心雑音や咳などの症状は認められない事が多く、心疾患が発見されたときにはかなり進行している事も少なくありません。若い子では3〜5歳で心疾患が認められる事もあります。早期発見のためには定期的な検査を行うことが非常に重要です。心臓の治療は一度開始したら基本的に一生薬を飲み続ける事になります。病態を把握するために定期的な検査も必ず必要になります。そのため心臓が悪くなってしまった時に一番必要なことは飼い主様のご協力です。心疾患は刻々と病態が変化し命の危険を招く病気ですが、早期発見・早期治療を行えば寿命を全う出来る可能性もあります。一緒に大切な家族を守って行きましょう。

  • 左室流入血流速波形
  • 僧帽弁逆流血流速波形
  • 僧帽弁前尖逸脱

Web reception
WEBからの受付が可能です。
待ち時間の短縮にご利用下さい。

QRコード

WEB予約受付

Specialty outpatient
川畑動物病院では、各分野の専門的な診断・治療をする外来です。
診断・治療が難しい症状や、専門的な治療が必要な病気、専門の医師が診察にあたります。

Emergency Guide

046-834-2757

時間外診療も対応しています。
夜間は、上記までお電話下さい。

時間外診療:
12:00~14:00/18:30~23:00

Iwato General Hospital

Branch hospital

Home visit and pick-up service

大型犬を飼っている方、ご高齢の方、お車がなく来院できない方、重病の患者様のために往診・送迎をご利用下さい。

ペットホテル料金案内Boarding kennel