このページのいちばん上です

Service

皮膚科 Dermatology

小林真也(コバヤシシンヤ)
経歴
北里大学付属動物病院研修医
所属
東京農工大学皮膚科2種研修医
ウッディ動物病院 副院長
hiff cafe tamagawa 勤務医
日本獣医皮膚科学会
日本獣医がん学会

コメント紹介

皮膚病の原因は感染症、アレルギー性皮膚炎、内分泌性疾患、角化症、免疫介在性皮膚疾患、先天性皮膚疾患、腫瘍など様々あります。当院では原因を特定する為に、問診や皮膚科学的検査に力を入れています。場合によっては血液検査やレントゲン検査、超音波検査、病理学的検査を行う事もあります。
皮膚病は難治性になったり、生涯に渡って付き合っていくケースも少なくありません。また、例え同じ皮膚病であっても、動物の生活環境や性格、飼い主さんのライフスタイルによっても治療法は変わってきます。一緒にその子に合う治療法を考えていける様、しっかりインフォームドしていきたいと考えています。
皮膚病は痒みや脱毛、湿疹など目に見える症状を出す為、飼い主さんが気づくケースが多い病気です。お困りの際は相談して下さい。

  • アトピー性皮膚炎
  • 上皮向性リンパ腫
  • 脱毛症
  • 毛包虫症
  • 疥癬虫

皮膚病について

外耳炎ってどんな病気?
外耳炎は鼓膜から外側の耳道内に炎症が起こる病気で、主な症状は耳を掻く、頭を振る、耳が臭う、耳垢が多いなどがあります。動物の耳道は垂直耳道と水平耳道から成りL字型の様な構造をしている為、高温多湿の環境には非常に弱いです。耳が垂れている、耳道内に毛が生えている事も外耳炎が誘発される原因になります。またアレルギー性皮膚炎が原因で外耳炎が起こる事も多いです。
早期に適切な治療をする事が重要になってきます。
シャンプーってどんな種類があるの?
大きく分類すると美容用シャンプーと薬用シャンプーがあります。
皮膚がベタつき易い、皮膚炎があるなど皮膚トラブルがある場合は薬用シャンプーをお勧めします。
薬用には抗菌性、角質溶解性、保湿性、止痒性シャンプーがあります。
抗菌性は感染性皮膚疾患に、角質溶解性はベタつきやフケに、保湿性は皮膚のバリア機能低下や乾燥肌に、止痒性はアレルギー性皮膚炎にという様に、薬用シャンプーは皮膚の状態によって使い分ける必要があります。
減感作治療とはなんですか?
減感作治療とはアトピー性皮膚炎の治療法の一つです。アレルギーの原因物質(アレルゲン)を特定し、そのアレルゲンを注射していく事で徐々にアレルゲンに慣れ、最終的には拒絶反応がでない体質に変えていくという治療法で、唯一の根治療法です。治療前には二次感染の除外や除去食試験(食物アレルギーをみる試験)、アレルギー検査などを行わないといけませんが、手間がかかる分、治療が奏功した時のメリットは大きいです。全ての動物で効果がある訳ではなく約7割の効果と言われています。

Web reception
WEBからの受付が可能です。
待ち時間の短縮にご利用下さい。

QRコード

WEB予約受付

Specialty outpatient
川畑動物病院では、各分野の専門的な診断・治療をする外来です。
診断・治療が難しい症状や、専門的な治療が必要な病気、専門の医師が診察にあたります。

Emergency Guide

046-834-2757

時間外診療も対応しています。
夜間は、上記までお電話下さい。

時間外診療:
12:00~14:00/18:30~23:00

Iwato General Hospital

Branch hospital

Home visit and pick-up service

大型犬を飼っている方、ご高齢の方、お車がなく来院できない方、重病の患者様のために往診・送迎をご利用下さい。

ペットホテル料金案内Boarding kennel